YouTubeもやっています!

work at, in, for…の意味・用法の違いまとめ【work from/at homeの違いも】

前置詞

 

今回はwork at, in, forや、その他前置詞(work under, as, with, on, towardsなど)の意味・用法の違いをまとめてみました。

 

全て「働く」という表現ですが、後ろに「場所」「人」「業界」…何が後ろにくるのか、制約があるのですね。

 

また、「在宅勤務/テレワーク」はwork from homeとwork at homeのどちらが良いのか、についても触れています。

 

 

前置詞に注目し、これらの違いをイメージで捉えていきましょう!

 

work at, in, on, forの意味・用法の違い

work+前置詞の意味・用法の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
<at/in/for>

・work at 会社(名)/建物/特定業務: ~で働いている

⇒atは狭い一点を指すイメージ

⇒at workは「仕事中」

 

・work in 会社(名)/建物の中/都市/事業部/業界: ~で働いている

⇒inは広がりのある空間に包み込まれるイメージ

⇒in workは「仕事に就いていて」、out of workは「失業中で」

 

・work for 会社(名)/上司や社長などの人/目的: ~で働いている/~に仕えている/~のために働く

⇒forは方向性を示すイメージ

 

 

<その他>

・work on 特定の作業/特定の人: ~に従事する/に働きかける

 

・work with 具体的なモノ/人、会社: ~を使って働く/~と一緒に働く

 

・work under 人/条件: ~の下で働く

 

・work as 特定職種: ~として働いている

 

・work toward(s) 目標: ~に向けて頑張る

 

 

<work at/from homeの違い>

・work at home: 持ち帰りの仕事/職場が家のような場合

・work from home: 通常会社でする業務を家出する場合

⇒「在宅勤務」「テレワーク」に近いのはwork from home

⇒略語でWFHとも表現する

 

 

 

これだけ眺めていてもわからないですね。

 

前置詞のイメージに注目しつつ、順番にチェックしていきましょう。

 

work at/in/for

まずはwork at/in/forの違いからです。これらは代替可能なことも多く、似ているので紛らわしいです。

 

前置詞のイメージを大切にしてみてください。

 

 

work at

work atからです。

 

atには「特定の一点」を指でさすイメージがあります。地図上の一点であったり、ある特定の仕事であったり、狭い範囲を指すのが特徴です。

 

※atのさらに詳しいイメージは下記の記事よりどうぞ

【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

 

 

 

狭い一点を指すということで、atの後ろには「会社(名)/建物/特定業務」が来ます。

 

例はコチラです。カッコ内にinやonがある場合、そちらの前置詞で代替可能であることを示します。

work at(in/for) Sony (ソニーで働く)

work at(in/for) a law firm(法律事務所で働く)

work at(in) the same building(同じ建物で働く)

work at(in) a downtown department(繁華街のデパートで働く)

 

He is working at(on) a new novel.

(彼は新しい小説に従事している = 執筆している)

なお、前置詞との位置関係が逆になったat workは、「仕事という一点の状態に心/体が向いている」ということで「仕事中」という意味になります。

 

※in/at/onは「状態」の意味になる定型表現がいくつか存在します。これも前置詞の意味に注目すると覚えやすいです。まとめ記事は下記にあります

【決定版】「状態」を示すin/on/atの違いまとめ

work in

work inです。

 

inには「幅広い空間」に包み込まれるイメージがあります。空間的、心理的にある程度広がりを持つ点がatと異なります(= atは狭い範囲を指す)

 

※inのさらに詳しいイメージは下記の記事よりどうぞ

【本質から理解!】前置詞inのイメージとは

 

 

広がりを持つ範囲を表すということで、inの後ろには「会社(名)/建物の中/都市/事業部/業界」がきます。会社(名)や建物がくる点はatと同じですね。

 

 

例はコチラです。カッコ内にinやonがある場合、そちらの前置詞で代替可能であることを示します。

work in(at/for) a law firm(法律事務所で働く)

work in(at/for) Sony(ソニーで働く)

work in(at) the same building (同じ建物の中で働いている)

work in Tokyo (東京で働いている)

work in the sales department (営業部で働いている)

work in insurance (保険業で働いている)

work in the banking industry (保険業界で働いている)

 

 

なお、前置詞との位置関係が逆になったin workは、「仕事という空間に日常が包まれている」ということで「仕事に就いている」という意味になります。

 

※再度宣伝。in/at/onは「状態」の意味になる定型表現がいくつか存在します。これも前置詞の意味に注目すると覚えやすいです。まとめ記事は下記にあります

【決定版】「状態」を示すin/on/atの違いまとめ

 

一方、out of workは「失業中で」という意味になります。「仕事の外にいる」からですね。

 

work for

work forです。

 

forには「ある方向へ向かう」イメージがあります。

 

電車の車内アナウンスで“This train is bound for Tokyo. (この電車は東京行きです)”という表現がよく流れていますが、これは「電車が東京へ向かっている」という意味でforが使われているのですね。

 

※forのさらに詳しいイメージは下記の記事よりどうぞ

【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

 

 

気持ちの方向性を表すということで、forの後ろには「会社(名)/上司や社長などの人/目的」がきます。会社や上司、目的の「ために」働くイメージです。会社(名)がくる点はat/inと同じですね。

 

 

例はコチラです。カッコ内にinやonがある場合、そちらの前置詞で代替可能であることを示します。

work for(in/at) Sony(ソニーで働く)

work for(in/at) a law firm(法律事務所で働く)

work for Mr. Johnson(ジョンソンの下で働く =ジョンソンのために働く)

Who do you work for? (どこで働いている =会社名を聞く提携表現)

work for world peace/ an exam(世界平和のために働く/試験のために頑張る)

 

 

なお、「会社で働く」という表現はwork forが最も一般的で、その次がwork atです。work inもなくはないですが、あまり一般的な表現ではないです。

 

その他

その他の表現です。

 

work on

work onは「特定の作業/特定の人」が後ろに来て、「~に従事する/働きかける」という意味になります。

 

onは「接触」を意味します。ある作業や人にべたっと接触して、働きかけるイメージです。

※前置詞onのさらに詳しいイメージは下記の記事にあります。

【本質から理解!】前置詞onのイメージとは

 

 

例文はコチラです。

He is working on(at) a new novel.

(彼は新しい小説を書いている)

 

He is working on her to accept our offer.

(彼は我々の申し出を受け入れるよう、彼女に働きかけている)

 

work with

work withは後ろに「具体的なモノ/人、会社」が来て、「~を使って働く/人、会社と一緒に働く」という意味になります。

 

withには「一緒に」という意味があるので、道具や人、会社と一緒に働くイメージですね。

 

例文はコチラです。

work with a computer(コンピューターを使って働く)

work with Nancy(ナンシーと一緒に働く)

work with ABC company to develop a new drug(新薬開発のため、ABC社と一緒に働く)

 

work under

work underは後ろに「人/条件」が来て、「~の下で働く」という意味になります。

 

underには「下で」という意味があるので、まさにその人や条件の下で働くイメージです。

 

例文はコチラです。

work under a contract(契約に基づき働く)

work under Nancy(ナンシーの下で働く)

 

work as

work asは後ろに「特定の職種」が来て、「~として働く」という意味になります。

 

asには「~として」という意味があるので、このような訳語になります。

※asにはかなり多くの意味がありますが、語源を押さえればかなり暗記が楽になります。

【決定版!】語源から考えるasの意味まとめ【接続詞/前置詞/副詞/関係代名詞】

 

 

例文はコチラです。

work pat-time as a waitress

(アルバイトでウェイトレスとして働いている)

 

work toward(s)

work toward(sは)後ろに「目標」が来て、「~のために働く、頑張る」という意味になります。

 

towardには「~へ向けて」という意味があるので、このような訳語になります。

※towatd/towardsどちらも同じ意味になります。

 

例文はコチラです。

work towards a common goal

(共通の目標に向けて頑張る)

 

work towards improvements

(改善に向けて取り組む)

 

work at home/work from homeの違い

最後にwork at home/work from homeの違いについて触れておきます。

 

どちらも「家で働く」という意味になりますが、裏側に含むニュアンスはやや異なります。

 

ネイティブの意見を聞いたところ、次のような相違があるようです。

  • work at home:仕事を家に持ち帰ってやる/職場が家
  • work from home:通常時間内に、オフィスの代わりに家で勤務(=在宅勤務

 

 

 

まずはwork from homeの方から考えてみましょう。

 

一般的な「在宅勤務」「テレワーク」はwork from homeが一番しっくりきます。

 

通常の勤務時間内に、「家から (=from home)」働きに出ているイメージです。そのため、「在宅勤務」という意味になるのです。

 

 

 

一方のwork at homeは「家で (=at home)」働くことに力点のある表現です。

 

そのため、

  • 「自宅が職場になっている (=自営業などで、自宅で働いている場合)」
  • 「本来会社でやるべき仕事を家に持ち帰って、家でやる」

という含みを持つのですね。

 

まとめ

いかがでしたか? 以下、改めてまとめです。

 

ポイント
<at/in/for>

・work at 会社(名)/建物/特定業務: ~で働いている

⇒atは狭い一点を指すイメージ

⇒at workは「仕事中」

 

・work in 会社(名)/建物の中/都市/事業部/業界: ~で働いている

⇒inは広がりのある空間に包み込まれるイメージ

⇒in workは「仕事に就いていて」、out of workは「失業中で」

 

・work for 会社(名)/上司や社長などの人/目的: ~で働いている/~に仕えている/~のために働く

⇒forは方向性を示すイメージ

 

 

<その他>

・work on 特定の作業/特定の人: ~に従事する/に働きかける

 

・work with 具体的なモノ/人、会社: ~を使って働く/~と一緒に働く

 

・work under 人/条件: ~の下で働く

 

・work as 特定職種: ~として働いている

 

・work toward(s) 目標: ~に向けて頑張る

 

 

<work at/from homeの違い>

・work at home: 持ち帰りの仕事/職場が家のような場合

・work from home: 通常会社でする業務を家出する場合

⇒「在宅勤務」「テレワーク」に近いのはwork from home

⇒略語でWFHとも表現する

 

 

細かい違いですが、日常英会話でも頻出の表現なので、これを機にマスターしてしまいましょう。前置詞がカギですよ!

 

なお、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント