【イメージで理解】「振る」shake/nod swing/waveの違いとは

基本単語

 

今回は「振る」という意味を持つ単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

shake/nod swing/waveなど、数が多いですが、イメージで捉えていけば大丈夫。

 

きっと違いをマスターすることが出来ますよ!

 

shake/nod swing/waveの意味・用法まとめ

まずはshake/nod swing/wave「振る」という意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「振る」各単語の違い
  • shake: 振る(上下左右小刻みに振る
  • nod: 頷く(首を縦に振る
  • swing: 振る(何かを軸に振る
  • wave: 振る(波のように

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

shake: 振る(上下左右小刻みに振る)

まずはshakeです。

 

上下左右小刻みに振るイメージです。(そういえば「マックシェイク」という商品がありますね。シャカシャカ振るイメージです)

 

 

例文はコチラです。小刻みに振っているイメージを持ってくださいね。

He shook his head. (彼は首を横に振った)

He shook her shoulder. (彼は彼女の肩をゆすった)

He shook the bottle. (彼はボトルを振った)

 

nod: 頷く(首を縦に振る)

nodです。

 

首を縦に振るイメージです。

 

 

例文は下記の通りです。

He nodded. (彼は頷いた)

 

He sat nodding by the fire. (彼は暖炉の近くでうとうとしながら座っていた)

 

swing: 振る(何かを軸に振る)

swingです。

 

何かを軸に振る首を縦に振るイメージです。なお、動詞の活用はswing-swung-swungなので注意してください。

※ゴルフクラブ/バットを振っているイメージ図です

 

 

例文は下記の通りです。何かを軸に振っている、揺れているイメージを確認してくださいね。

He swung the bat. (彼はバットを振った)

 

The hammock is swinging. (ハンモックが揺れている)

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「振る」各単語の違い
  • shake: 振る(上下左右小刻みに振る
  • nod: 頷く(首を縦に振る
  • swing: 振る(何かを軸に振る
  • wave: 振る(波のように

 

似た意味の単語も、図入りのイメージで整理すると頭に入りやすくなりますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント