【要注意!】相関表現の動詞の形【not only A but also B 等の意味】

接続詞

 

今回は相関表現の動詞の形を解説したいと思います。

 

相関表現とは、

  • both A and B
  • either A or B
  • neither A nor B
  • not A but B
  • not only A but (also) B
  • B as well as A

のように、カタマリで一つの意味を作る表現です。

 

 

実はこれ、意味を覚えるだけじゃ不十分で、動詞の形に注意を要する表現なのですね。

 

 

一体どのようなコトなのか? 試験でも狙われやすいポイントなので、一緒に詳しく見ていきましょう!

 

相関表現の意味・用法(動詞の形)まとめ

まずは相関表現の意味・用法(動詞の形)まとめを見てみましょう。

 

ポイント

<複数扱いにする>

  • both A and B:AとBの両方

 

<Bに合わせる>

  • either A or B:AかBのどちらか
  • neither A nor B:AとBのどちらも~ない
  • not A but B:AではなくB
  • not only A but (also) B:AだけでなくBもまた
  • B as well as A:AだけでなくBもまた

★動詞に近い方に合わせる。なお、B as well as Aでは、話の中心がBに置かれている点に注目

 

 

どういうこと?

 

 

例文付きで具体的に見ていきましょう!

 

複数扱いにするパターン

主語の位置で使われた際は、複数扱いになる表現から扱っていきます。

 

both A and B:AとBの両方

「both A and B:AとBの両方」です。

 

二つの人/モノを指すので、複数扱いになるのですね。

Both Kate and Mary are going to attend the party.

(ケイトとメアリの両方ともパーティーに参加する予定だ)

 

Bに合わせるパターン

動詞をBに合わせるパターンです。

 

原則として、動詞に近い方に動詞の形が影響を受けるのですね。

 

<Bに合わせる>

  • either A or B:AかBのどちらか
  • neither A nor B:AとBのどちらも~ない
  • not A but B:AではなくB
  • not only A but (also) B:AだけでなくBもまた
  • B as well as A:AだけでなくBもまた

 

 

B as well as Aだけ例外のようにも思えますが、よく考えると納得できるはずです。一つずつ見ていきましょう。

 

either A or B:AかBのどちらか

「either A or B:AかBのどちらか」です。

 

Either Mary or I have to go.

(メアリか私のどちらかが行かなければいけない)

 

neither A nor B:AとBのどちらも~ない

「neither A nor B:AとBのどちらも~ない」です。

 

neither自体に否定の意味が含まれるので、文中でnotを使う必要がない点に注目です。

Neither Mary or I am going to attend the party.

(メアリと私のどちらもパーティーには参加しない予定だ)

 

not A but B:AではなくB

「not A but B:AではなくB」です。

 

読解でも頻出の表現です。構造が見えにくいこともありますが、AとBには文法的に同じ構造が来ることを意識しておくと、気がつきやすくなります。

Not you but I am to attend the meeting.

(君ではなく、私がミーティングに参加する予定だ)

 

 

ちなみに、例文のam to attendの部分にはbe to構文というものが使われています。これも頻出の表現ですので、良ければ下記の記事をお読みくださいね。サクッと理解できます。

【イメージで分かる】be to構文の意味・用法とは?

 

not only A but (also) B/B as well as A:AだけでなくBもまた

「not only A but (also) B:AだけでなくBもまた」と「B as well as A:AだけでなくBもまた」です。両者とも意味は同じです。

 

B as well as Aのパターンのみ、AとBの位置が逆になるので要注意です。動詞から遠い方のBに動詞の形を合わせます。

 

 

これを覚える際のポイントは「話の中心がどこにあるか?」です。

 

どちらの表現も、話の中心がB (=John)にあることを次の例文で確認してください。話の中心なので、動詞もそちらに引っ張られるという発想です。

John as well as I likes her.

Not only I but also John likes her.

(わたしだけでなく、ジョンもまた彼女を好きだ)

 

 

この文は「わたしも彼女のことを好きなんだけど、ジョンもまた彼女のことを好きなんだ!」と、後半の「ジョンも彼女のことを好き」という部分に力点が置かれているのですね。

 

 

すると、”like”という動詞の形は話の中心、つまりは「ジョン」に一致することになります。

つまり“like ⇒ likesとなっているわけですね。

 

 

では、”I”と”John”の位置関係が逆だったらどうでしょう? そうですね。動詞は”I”に一致し、”like”になります。

I as well as John like her.

Not only John but also I like her.

(ジョンだけでなく、わたしもまた彼女を好きだ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲します。

 

ポイント

<複数扱いにする>

  • both A and B:AとBの両方

 

<Bに合わせる>

  • either A or B:AかBのどちらか
  • neither A nor B:AとBのどちらも~ない
  • not A but B:AではなくB
  • not only A but (also) B:AだけでなくBもまた
  • B as well as A:AだけでなくBもまた

★動詞に近い方に合わせる。なお、B as well as Aでは、話の中心がBに置かれている点に注目

 

 

読解や文法問題でも頻出ですが、英作文の際にも気をつけたいポイントです。

 

理屈を理解したら、あとは何度か例文を音読してみて、身体で身につけてくださいね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞文型(動詞・助動詞・受動態)比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・【動詞に注意!】A as well as B とnot only B but also Aの意味とは […]