【これで大丈夫】目的語Oになる品詞/語句節を全まとめ【東大卒講師が贈る】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は目的語Oになる語句節を全てまとめてみたいと思います。

 

SVOC…と文型を分類していく際、Oに入ることのできる品詞はある程度決まっているのですね。

 

今回はそれを一気にチェックしていきましょう!

 

目的語Oに入る品詞/語句節まとめ

目的語Oには、名詞が入ります。

 

様々な形に姿を変えることはありますが、その本質は全て名詞です。

(「~するコト」という意味のカタマリが入ります)

 

 

その名詞のパターンとしてどのようなものがあるのか?(=どのような語句節が名詞のカタマリを形成するのか?) これについては、下記にまとめてみました。

 

 

ポイント
  • 名詞/代名詞
  • 動名詞 (Ving)
  • 不定詞の名詞用法 (to V)
  • the 形容詞/Ving/Vp.p.
  • 節 (接続詞や疑問詞などに導かれるSV-を含むカタマリ)
  • 引用語句

 

一つずつ例文付きでサクッと見ていきましょう。

 

名詞/代名詞

名詞/代名詞が入るパターンです。

 

例文はコチラです。太字が目的語Oのカタマリになっています。

I met Tom. (わたしはトムに会った)

I met him. (わたしは彼に会った)

 

the 形容詞/Ving/Vp.p.

theとセットで形容詞/Ving/Vp.p.が使用されると、名詞のカタマリになることがあります。

 

名詞のカタマリになることで、目的語Oの位置にくることが可能になるのですね。

 

 

例文はコチラです。

<~な人々>

Tom helped the old. (トムは年老いた人々を手助けした)

Tom rescued the injured. (トムは負傷者たちを救出した)

Tom rescued the dying. (トムは死にかけている人たちを救出した)

 

<~なこと>

Tom did the unexpected. (トムは思いがけないことをした)

 

 

 

theのカタマリが「~な人々」という意味になるのは、theには何かをまとめあげる働きがあるからです。(the Ving/Vp.p.の形は「~な人」のように単数形になることもありますが)

 

アメリカ合衆国(the United States)はその最たる例ですね。アメリカは様々な州が一つにまとまって出来上がった国家なので、基本的にはtheが頭に付きます。

 

 

 

また、下の例にあるように、theのカタマリが「~なコト」という意味になるのは、theには何かを他と区別する働きがあるからです。

 

「the unexpected: 予期せぬこと」とは、「the expected: 予期されたこと」とは反対の性質を持つ意味で用いられていますよね。「予期せぬこと⇔予期されたこと」のように、二つの意味を区別する意味でtheが使われることがあるのです。

(「the dog: そのイヌ」のようなよく見る用法も、よくよく考えると、他のイヌと区別する意味合いをtheが持つことに気がつきますね)

 

 

theについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ下記の記事をお読みください。これを読み込めば、theの使用法はかなりの部分をカバーできるはずです。

 

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

動名詞 (Ving)、不定詞の名詞用法 (to V)

動名詞 (Ving)、不定詞の名詞用法 (to V)は「~するコト」という名詞のカタマリになるので、やはり目的語Oの位置にくることが出来ます。

 

例文はコチラです。

I like playing tennis. (わたしはテニスをすることが好きだ)

I like to play tennis. (わたしはテニスをすることが好きだ)

 

 

なお、上記はVingとto Vがほぼ同じ意味で使われていますが、

動詞によっては意味が変わったり、そもそもVingかto Vのどちらか片方しか来れない場合もあります。

 

 

その違いについては下記の記事でわかりやすくまとめています。もしよければぜひ目を通してみてくださいね。to VとVingの持つ本当の意味を知らなかった方にとっては、目からウロコのハズです。

【不定詞と動名詞 意味の違い】forget to V / forget Vingの意味・違いとは

【カンタン理解!】SVO to V型の動詞【意味・用法まとめ】

 

節 (接続詞や疑問詞などに導かれるSV-を含むカタマリ)

節が目的語Oの位置にくることもあります。

 

節とは、接続詞や疑問詞に導かれるSV-を含むカタマリです。

 

例文はコチラです。

I think that Tom is crazy.

(わたしは、トムはクレイジーだと思う =トムがクレイジーだということを思う)

 

I don’t know whether Tom is clever or not.

(わたしは、トムが賢いのかどうか知らない =トムが賢いかどうかということを知らない)

 

I don’t know why Tom is angry.

(わたしは、どうしてトムが怒っているのかわからない =なぜ怒っているのかを知らない)

 

引用語句

引用語句が目的語Oにくることもあります。

 

Don’t say “no”.

(「ノー」と言わないで =「ノー」ということを言わないで)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを見てみましょう。

 

ポイント
  • 名詞/代名詞
  • 動名詞 (Ving)
  • 不定詞の名詞用法 (to V)
  • the 形容詞/Ving/Vp.p.
  • 節 (接続詞や疑問詞などに導かれるSV-を含むカタマリ)
  • 引用語句

 

 

理解した後だと、ずいぶん頭に入りやすくなるはずです。もし不明点等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント