【決定版】過去形のスペルと発音の法則を徹底解説!

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは!

 

今回は動詞の過去形のスペルと発音の法則を徹底解説したいと思います。

 

わかっていそうで、意外とわからない過去形の法則を、これを機会に確認してしまいましょう!

 

スペルの法則

まずはスペルの法則です。

 

規則的な変化をするパターンは、大きく次の4つに分けられます。

 

スペルの規則性
  1. 通常 ⇒-ed (ask; asked)
  2. 語尾がe ⇒-d (arrive; arrived)
  3. 子音字+y ⇒yをiに変えて-ied (cry; cried)
  4. 短母音+子音字 ⇒子音字を重ねて-ed (stop; stopped)

 

 

 

発音の法則

次に発音の法則です。

 

発音の法則は、大きく次の3パターンに分けられます。

 

発音の規則性
  1. 語尾の発音が有声音*1 ⇒/d/ ドゥ*2 (called)
  2. 語尾の発音が無声音 ⇒/t/ トゥ (helped)
  3. 語尾の発音が/t/, /d/ ⇒/id/ ィドゥ (wanted)

 

*1 「有声音」は発音するときに喉が震える音。「無声音」は発音するときに喉が震えない音。「無声音」は/p/, /k/, /f/, /s/, /θ/, /ʃ/, /ts/です。

*2 カタカナでの発音は、わかりやすさ優先で載せています。厳密に言えば英語の発音とは結構違います。

 

 

 

不規則動詞はさておき、規則動詞のスペル、発音のパターンはこれでバッチリですね!

 

 

なお、名詞複数形のスペルの法則については下記の記事でまとめています。

よろしければあわせてお読みください。

 

参考:【名詞複数形】どんなときにs, esになる?【スペルの法則を徹底的解説】

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)発音英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント