【サクッと英会話】「バースの再来」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「バースの再来」を英語で表現してみました。

 

阪神ファンの間で使われることの多いこの言葉。一体どのように表現するのか?

 

全国一億と二千万のトラ党へ向け、サクッとご紹介いたします!

 

「バースの再来」を英語で言うと?

「バースの再来」の英語表現例は下記の通りです。横に書いてあるのは、各表現の直訳です。

 

ポイント
  • a second Bass: 2番目のバース
  • another Bass: 別のバース

 

 

a second Bassは「バースっぽい人が色々いる中のあるひとりのバース」という意味合いがあり、aが付いています。

 

※a/anの意味については下記の記事で完全に理解できると思います。

【超決定版】aの意味・使い方まとめ

 

 

一方、anotherには「また別の」という意味合いがあるので、やはり「バースの再来」と非常に相性が良いのですね。

 

例文

例文はコチラです。

 

Bour must be a second Bass.

(ボーアはバースの再来に違いない)

 

The fans of the Hanshin Tigers expected Bour to be another Bass.

(タイガースファンは、ボーアがバースの再来になるものと期待していた)

 

 

今後、バースの再来は何度訪れるのでしょうか? 今後も阪神の動向から目を離せませんね!

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント