【サクッと英会話】「バースの再来」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「バースの再来」を英語で表現してみました。

 

阪神ファンの間で使われることの多いこの言葉。一体どのように表現するのか?

 

全国一億と二千万のトラ党へ向け、サクッとご紹介いたします!

 

「バースの再来」を英語で言うと?

「バースの再来」の英語表現例は下記の通りです。横に書いてあるのは、各表現の直訳です。

 

ポイント
  • a second Bass: 2番目のバース
  • another Bass: 別のバース

 

 

a second Bassは「バースっぽい人が色々いる中のあるひとりのバース」という意味合いがあり、aが付いています。

 

※a/anの意味については下記の記事で完全に理解できると思います。

【超決定版】aの意味・使い方まとめ

 

 

一方、anotherには「また別の」という意味合いがあるので、やはり「バースの再来」と非常に相性が良いのですね。

 

例文

例文はコチラです。

 

Bour must be a second Bass.

(ボーアはバースの再来に違いない)

 

The fans of the Hanshin Tigers expected Bour to be another Bass.

(タイガースファンは、ボーアがバースの再来になるものと期待していた)

 

 

今後、バースの再来は何度訪れるのでしょうか? 今後も阪神の動向から目を離せませんね!

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント