【意外と知らない】to be continued「続く」の文法的な構造は?【秘密はbe to 構文】

サクッと英会話

 

今回はto be continued「続く」という表現の文法的な構造を考えてみたいと思います。

 

アニメなどの最後に”to be continued…”という表示をよく見ますが、一体どのような文法構造を持つのでしょう?

 

サクッと確認してみましょう!

 

to be continued「続く」の文法的な構造

to be continued「続く」の文法的な構造の正体は、be to構文です。

 

be to構文とは、be to Vの形で下記のような意味になる構文のことを指します。

 

 

<be to構文>

・予定(~する予定でいる)
・義務(~すべきだ)
・意図(~するつもりだ)
・可能(~できる)
・運命(~するよう運命づけられている)

 

※「be to構文がなぜ上記の意味になるか?」は下記の記事でわかりやすく解説しています。

【イメージで分かる】be to構文の意味・用法とは?

 

 

 

このうちto be continuedでは、「予定(~する予定でいる)」という意味が前面に出ています。

 

さらに、文頭部分にThis story isが省略されているのですね。つまり省略部分を含めて全文を書くと下記の通りになります。

This story is to be continued.

(このお話は続けられる予定だ)

 

 

ここからThis story isが抜け落ちて、to be continuedが「続く」という意味で使われているのですね。

 

身近な表現もよくよく考えてみると結構面白いですね。今回はこの辺で。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント