【意外と知らない】to be continued「続く」の文法的な構造は?【秘密はbe to 構文】

サクッと英会話

 

今回はto be continued「続く」という表現の文法的な構造を考えてみたいと思います。

 

アニメなどの最後に”to be continued…”という表示をよく見ますが、一体どのような文法構造を持つのでしょう?

 

サクッと確認してみましょう!

 

※こちらの記事は動画でも解説しています!

【意外と知らない】to be continuedを文法的に解析してみた

 

to be continued「続く」の文法的な構造

to be continued「続く」の文法的な構造の正体は、be to構文です。

 

be to構文とは、be to Vの形で下記のような意味になる構文のことを指します。

 

 

<be to構文>

・予定(~する予定でいる)
・義務(~すべきだ)
・意図(~するつもりだ)
・可能(~できる)
・運命(~するよう運命づけられている)

 

※「be to構文がなぜ上記の意味になるか?」は下記の記事でわかりやすく解説しています。

【イメージで分かる】be to構文の意味・用法とは?

 

 

 

このうちto be continuedでは、「予定(~する予定でいる)」という意味が前面に出ています。

 

さらに、文頭部分にThis story isが省略されているのですね。つまり省略部分を含めて全文を書くと下記の通りになります。

This story is to be continued.

(このお話は続けられる予定だ)

 

 

ここからThis story isが抜け落ちて、to be continuedが「続く」という意味で使われているのですね。

 

身近な表現もよくよく考えてみると結構面白いですね。今回はこの辺で。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント