えっ!意外な意味を持つ他動詞11選【last, meet, run他】

英文法

こんにちは、講師のNです。

 

今回は意外な意味を持つ他動詞を一覧にまとめてみました。

 

たとえば、lastには「~持ちこたえさせる」という他動詞の意味があるんですね。

 

「最後の」っていう意味だけだと思ってた…

 

 

見落としがちなので、試験でも狙われるポイントです。

ただ、単語が持つ本質的な意味を考えていけば、スムーズに理解できるはずです。

 

 

<参考記事>えっ!意外な意味を持つ自動詞9選

 

全体像

まずは全体像を見てみましょう。

 

今回紹介する他動詞は全部で11個。

ここを押さえておけば、試験で困ることはほとんどなくなるでしょう。

 

意外な意味を持つ他動詞
  1. consult:(医者などに)かかる、(専門家に)意見を聞く
  2. fail:~の役に立たない
  3. fire:~を解雇する
  4. last:~を持ちこたえさせる
  5. meet:(要求などに)応じる
  6. miss:~がいないのを寂しく思う
  7. put:~を表現する
  8. run:~を経営する
  9. see:(時代が)~を目撃・経験する、(医者などに)診てもらう
  10. stand:~を我慢する
  11. treat:~に(食事などを)ごちそうする、おごる

 

 

イマイチぴんとこない…

 

 

そうですね。この手のモノは例文を見るのが一番!

一覧表を眺めるだけじゃ100%覚えられません。

 

というわけで、例文付きで一つずつ見ていきましょう。

 

consult

他動詞consultには、「(医者などに)かかる」、「(専門家に)意見を聞く」

という意味があります。

 

 

この単語、カタカナ読みをすると「コンサルト」です。

日本語でも、「コンサルタント」「コンサル」

といった表現を聞いたことがありませんか?

 

「コンサルに相談しよう」なんて会話は

ビジネスの現場ではそこそこ飛び交っているものと思います。

(業界にもよると思いますが…)

 

日本語で「コンサルに相談しよう」と言うときは、

「専門的な知識や技術を持っている人・会社へ相談しよう」

という意味合いを持ちます。

 

 

英語のconsultも同じですね。

 

(医者などに)かかる

(専門家に)意見を聞く

 

どちらも要するに専門的な人に相談するってコトです。

 

「風邪を引いたので医者にかかろう…」って、

「風邪への対処法を専門家に相談しよう」ってコトですから。

 

 

というわけで例文です。これは医者に相談するパターン。

He consulted a doctor.

(彼は医者に診てもらった

≒彼は医者に相談した)

 

こちらは専門家(expert)に相談するパターンです。

He consulted an expert on the matter.

(彼はその問題について、専門家に相談した)

 

 

のちほど触れますが、seeにも「(医者などに)診てもらう」という意味があります。

 

fail

他動詞failには「~に落ちる」、「~の役に立たない」

という意味があります。

 

 

自動詞だと「失敗する」なんですが、

他動詞だと「~に落ちる、落第させる」「~の役に立たない」という意味になるんですね。

 

「~に落ちる、落第させる」という意味の方は自動詞のときとあまり変わりませんが、

「~の役に立たない」は少し注意が必要ですね。

 

 

コチラは他動詞「~に落ちる、落第させる」の例文です。

The student failed the exam.

(その生徒はその試験に落ちた)

 

The professor failed the student.

(その教授はその生徒を落第させた)

 

これは他動詞「~の役に立たない」の例文です。直訳した方が理解しやすいと思います。

My tongue failed me.

(わたしは言葉が出なかった

≒わたしの舌はわたしの役に立たない)

 

 

最後に自動詞「失敗する」の例文です。自動詞なので、後ろに前置詞を付けています。

He failed to pass the exam.

(彼はその試験を通過するのに失敗した)

 

fire

他動詞fireには「~を解雇する」

という意味があります。

 

 

名詞だと「火」という意味がありますね。

 

他動詞の「~を解雇する」という意味は、直感的にも理解しやすいですね。

(また、他動詞には「(銃など)を発砲する」という意味合いもあります)

 

 

例文はコチラ。他動詞の「~を解雇する」です。

The president fired him from the job.

(社長は彼をクビにした

≒社長は彼をその職から解雇した)

 

他動詞の「(銃など)を発砲する」の例文も一応載せておきます。

He fired the rifle at the enemy.

(彼は敵に向かいライフルを発砲した)

 

 

蛇足ですが、バック・トゥ・ザ・フーチャー2の冒頭で、

日本のメーカーの人が米国人に向かって、

“You’re fired.(お前はクビだ)”と宣告するシーンがあります。

 

日本経済が超強かったころの話で(なんだかんだ今もそこそこ強いですが)、時代を感じますね。

 

last

他動詞lastには「~を持ちこたえさせる」

という意味があります。

 

 

そもそも自動詞lastにも「続く」という似たような意味があるので、

セットで覚えた方が良いかもしれません。

 

lastは形容詞の「最後の」というイメージが強いと思いますが、

動詞だと「継続する」という意味合いで使われるんですね。

 

 

というわけで他動詞「~を持ちこたえさせる」の例文です。直訳から理解しましょう。

The food will last us for a week.

(その食糧で1週間持つだろう

≒ その食糧は我々を1週間持ちこたえさせるだろう)

 

おまけで自動詞「続く」の例文も。他動詞より、自動詞lastの方がよく使われる印象があります。

The meeting lasted for an hour.

(その会議は一時間続いた)

 

meet

他動詞meetには「(要求などに)応じる」

という意味があります。

 

 

他動詞meetには「~に会う」という有名な意味がありますが、

イメージはこれに似てますね。

 

Aさんと、Bさんが会う

Aという要求に、Bという対応で応じる

 

どちらも、顔と顔、要求と対応とが出会っているイメージですね。

 

 

というわけで、他動詞「(要求などに)応じる」の例文です。わたしの場合、ビジネス英会話なんかでよく使っていました。

The proposal meets all our requirements.

(その提案は、我々の全ての要求事項を満たしている

≒ その提案は、我々の全ての要求事項に応じている)

 

miss

他動詞missには「~がいないのを寂しく思う」

という意味があります。

 

 

ひょっとすると、日本語にもなじんでいる表現かもしれません。

「ミスユー、ベイビー(君がいなくて寂しいよ)」とか、

なんとなく聞いたことありません?

 

 

ちなみに、「ああミスった!」という表現にも見られるような、

他動詞「~し損なう」という意味もあります。

 

 

それでは例文です。まずは他動詞「~がいないのを寂しく思う」

I miss you badly.

(君がいなくて本当に寂しいよ

≒ わたしは君がいないことを本当に寂しく思う)

 

他動詞「~し損なう」も一応紹介しておきます。

He missed the ball.

(彼はそのボールを捕り損ねた)

 

He missed the train.

(彼はその電車に乗り遅れた)

 

put

他動詞putには「~を表現する」

という意味があります。

 

 

put O in/into~という形で使われることが多く、

「Oを~で表現する」という意味になります。

 

 

「Oを~に置く」

「Oを~で表現する」という発想で理解できそうです。

 

 

例文で見てみましょう。put O in/into~の形で使われています。

I cannot put my feelings into words.

(わたしは、わたしの感情を言葉で表現できない)

 

ついでに、「端的に言うと」という意味の熟語 to put it simply も押さえておきましょう。

To put it simply, I was wrong.

(端的に言うと、わたしが間違っていた

それを端的に表現すると、わたしが間違っていた)

 

run

他動詞runには「~を経営する」

という意味があります。

 

 

「走る」というのはおなじみの意味ですが、

ここから派生して「経営する」の意味も持つのですね。

 

 

「~を走らせる」

「~を回す、経営する」というイメージで理解することが出来そうです。

 

会社をあくせくやっていくイメージですね。

 

 

それでは例文です。他動詞で「~を経営する」

He runs ABC company.

(彼はABC社を経営している)

 

 

なお、runには自動詞で「立候補する」という意味もあります。

 

<参考記事>えっ!意外な意味を持つ自動詞9選

 

see

他動詞seeには「(時代が)~を目撃・経験する」、「(医者などに)診てもらう」

という意味があります。

 

 

どちらも、「見る」というseeの意味で理解できそうです。

 

ある時代がある出来事を「見る」=「目撃する」、

人が医者を「見る(会う)」=「診てもらう」

 

ということですね。

 

 

まずは他動詞「(時代が)~を目撃・経験する」の例文です。

His generation has seen the Second World War.

(彼の世代は、第二次世界大戦を経験している)

 

また、他動詞「(医者などに)診てもらう」の例文はコチラ。

I saw a doctor.

(わたしは医者に診てもらった)

 

stand

他動詞standには「~を我慢する」

という意味があります。

 

 

standには「立つ」というおなじみの意味がありますね。

 

 

「立って」

「我慢する」というイメージで理解できますね。

 

 

それでは例文です。他動詞で「~を我慢する」

I cannot stand the rude attitude.

(わたしは、その無礼な振る舞いに我慢できない)

 

stand -ingで「~することに我慢する」、stand O -ingで「Oが~することに我慢する」、という用法もあります。

I cannot stand waiting for two hours.

(わたしは、二時間待つのに我慢できない)

 

I cannot stand him speaking loudly.

(わたしは、彼が大声で話すのに我慢できない)

 

treat

他動詞treatには「~に(食事などを)ごちそうする、おごる」

という意味があります。

 

 

treatはカタカナ読みをすると「トリート」ですね。

 

「トリートメント」という日本語からもわかるように、

「扱う」とか「治療する」といった意味を持ちます。

 

 

何か/誰かに対して行動をとるイメージです。

そこから、「~に(食事などを)ごちそうする、おごる」という意味が出てきます。

 

 

コチラが例文です。他動詞「~に(食事などを)ごちそうする、おごる」です。

He treated me to a drink.

(彼はわたしに夕食をごちそうしてくれた)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

最初は「なぜこの意味??」と疑問に思うかもしれませんが、

単語の意味をきちんと考えれば、丸暗記をせずにすみそうです。

 

本質的な理解につながるので、

ぜひ単語の意味を捉えるクセをつけてくださいね!

 

それでは!

 

<参考記事>えっ!意外な意味を持つ自動詞9選

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>えっ!意外な意味を持つ他動詞11選 […]