【お前はまだ死んでいない?】die/dying/dead/deadlyの意味の違い

基本単語

 

今回はdie/dying/dead/deadlyの違いをまとめてみたいと思います。

 

これ、実は結構間違えがちな表現なのですね。

 

 

たとえば、「彼は死んでいる」という日本語を

  • He is dying.

なんてやってしまったことのある人はいませんか?

 

また、「彼は10年前に亡くなった」

  • He has died for ten years.

なんてやったことのある人はかなりたくさんいるハズです。

 

 

今回は、まずはdie/dying/dead/deadlyの違いを説明したうえで、「上記の表現がなぜ間違っているのか?」「言い換えるとすればどのように直すべきか?」といった点がわかるように解説してみたいと思います。

 

乞うご期待!

 

die/dying/dead/deadlyの違い

die/dying/dead/deadlyの違いからまとめてみましょう。

 

ポイント
  • die: 死ぬ(死ぬという一回きりの行為
  • dying: 死にかけている(死ぬという行為に向かっている
  • dead: 死んでいる(死んでいるという状態
  • deadly: 致命的な、絶対の

 

 

特に大切なのはカッコ内に示されている意味の違いです。

 

コチラの意味に注目しつつ、冒頭の表現がなぜ「誤り」だったのか考えていきましょう!

 

die: 死ぬ(死ぬという一回きりの行為)

dieから見ていきましょう。

 

「死ぬ」という意味ですが、これは「死ぬという一回きりの行為」を意味する単語です。

 

例文はこんな感じです。

He died ten years ago.

(彼は10年前に亡くなった)

 

 

10年前に「死ぬ」という一回きりの行為を達成した(?)ということですね。

 

dying: 死にかけている(死ぬという行為に向かっている)

次にdyingです。

 

これは「死にかけている」という和訳で、「死ぬという一回きりの行為に向かっている」というのがその本質的な意味になります。

 

例文はコチラです。

He is dying.

(彼は死にかけている)

 

 

現在進行形というのは躍動感あふれる表現で、

  • 比較的短い時間の継続
  • 動作や状態が途中であること(終わっていないこと)

を意味します。

 

 

つまり、dyingは「躍動感をもって死んでいる」という意味なのですね。そのため「死にかけている」という意味になります。

 

 

ここまでくれば、下記の文が「彼は死んでいる」という意味にならない理由もわかったと思います。

  • He is dying.

 

 

「彼は死んでいる」という日本語から感じるのは、「死んだという状態が続いている」という意味ですよね。躍動感をもって死に向かっているわけではありません。

 

そのため、「彼は死んでいる」の英訳として”He is dying.”は不適格なのですね。

 

 

では、「彼は死んでいる」という表現はどう表現すればよいのでしょうか? その答えが次のdeadにあります。

 

dead: 死んでいる(死んでいるという状態)

deadは「死んでいる」という意味を持つ形容詞で、「死んでいるという状態」を意味します。

 

つまり、冒頭の「死んでいる」に対応する単語としては、コチラがベストです。

 

例文はコチラです。現在完了の「継続(ずっと~している)」の意味とセットで使われることが多いです。

He has been dead for ten years.

(彼は10年間ずっと死んだ状態が続いている =彼は10年前に亡くなった)

 

 

ここまで記事を読んできた方は、冒頭の「彼は10年前に亡くなった」を

  • He has died for ten years.

で表現できない理由がなんとなくわかるのではないでしょうか。

 

 

ここで意識してほしいのが、

  • dieは一回きりの死ぬという行為
  • has diedは現在完了の継続「ずっと~している」

という二点です。

 

dieは「死ぬ」という一回きりの行為のハズなのに、それを10年間ずっと続けているのはあまりにもクレイジーです。意味が通りません。

 

そのため、dieではなく、「死んでいるという状態」を意味するdeadとセットで使用する必要があるのですね。

 

 

なお、「彼は10年前に亡くなった」は下記の4パターンで言い換えることが出来ます。

※俗にいう「死んじゃった構文」というやつです。なぜか定期試験で結構問われます。

 

「死んじゃった構文」
<彼は10年前に亡くなった>
  • He died ten years ago.
  • He has been dear for ten years.
  • Ten years have passed since he died.
  • It is ten years since he died.

 

 

なお、超余談ですが、北斗の拳のあのセリフ「お前はもう死んでいる」を英訳すると下記のようになります。

  • You are already dead.

 

「死んでいる」という状態を素直にbe動詞とセットで使っているのですね。alreadyが「既に」感を出しています。

 

deadly: 致命的な、絶対の

deadlyは「致命的な、絶対の」という意味の形容詞、「ひどく、極度に」という意味の副詞です。

 

例文はコチラです。

It was a deadly disease.

(それは致命的な病気だった)

 

The party was deadly dull.

(そのパーティーは死ぬほど退屈だった)

 

 

当ブログのタイトルの「死ぬほど」もニュアンス的にはdeadlyが結構近いかもしれません。

 

おわりに

いかがでしたか? 最後に記事のまとめを再掲したいと思います。

 

ポイント
  • die: 死ぬ(死ぬという一回きりの行為
  • dying: 死にかけている(死ぬという行為に向かっている
  • dead: 死んでいる(死んでいるという状態
  • deadly: 致命的な、絶対の

 

 

「死んじゃった構文」
<彼は10年前に亡くなった>
  • He died ten years ago.
  • He has been dear for ten years.
  • Ten years have passed since he died.
  • It is ten years since he died.

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【お前はまだ死んでいない?】die/dying/dead/deadlyの意味の違い […]