【要注意!】neighbor/neighboring/neighborhoodの意味・用法の違いとは?

名詞

 

今回はneighbor/neighboring/neighborhoodの違いについてまとめてみました。

 

「近所」とか「近所の人」という単語を意味するのですが、結構紛らわしいので間違えてしまうのですね。

 

今回はそんな表現をサクッとまとめてみました。

 

neighbor/neighboring/neighborhoodの意味・用法の違い

neighbor/neighboring/neighborhoodの意味・用法の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • neighbor:【名詞】隣人、近所の人
  • neighboring:【形容詞】隣の、近所の
  • neighborhood: 【名詞】地域、近所の人々

  ⇒in the neighborhood of~: 約~、およそ~

 

 

品詞の違いに注目するとわかりやすいです。

 

 

neighborは「隣人、近所の人」という意味の名詞です。

※稀に形容詞で使われることもあります

 

neighboringは「隣の、近所の」という意味の形容詞です。

 

neighborとneighboringは品詞が違うだけで、基本的な意味は同じと考えてOKです。

 

 

一方のneighborhoodは「地域、近所の人々」のように、近所を集合的に表す名詞と捉えてください。“-hood”は「集団・性質」を意味する接尾語なのですね。

 

例文

neighbor/neighboring/neighborhoodの例文はコチラです。

 

neighborの例文です。

The neighbor invited me to the party.

(隣人がわたしをパーティーに招待した)

 

Don’t copy the answers of your neighbor.

(隣の人の答えを写すな)

 

Tension is building between China and its neighbors.

(緊張状態は中国と隣国との間で高まりつつある)

 

 

neighboringの例文です。

They conquered all the neighboring tribes.

(彼らは近隣の全ての部族を征服した)

 

My father lives in a neighboring town.

(私の父は隣町に住んでいる)

 

 

neighborhoodの例文です。

I want to move to a new neighborhood.

(私は新しい地域に引っ越したい)

 

I was in the neighborhood, so I just called on you.

(近所にいたので、わたしはちょっとあなたのことを訪問した)

 

Tom invited the entire neighborhood.

(トムは近所の人全員を招待した)

 

なお、neighborhoodはin the neighbor hood of~で「~の近所」という意味の他、「約~ (=approximately)」という意味になります。

He lives in the neighborhood of the hospital.

(彼はその病院の近くに住んでいる)

 

My car cost in the neighbor hood of $100 to repair.

(私の車は修理するのに約100ドルかかった)

 

 

紛らわしい単語ですが、これを機会に知識の整理となったのであれば幸いです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント