【全14選】再帰代名詞oneselfを用いた慣用表現まとめ

 

今回は再帰代名詞oneselfを用いた慣用表現をまとめてみたいと思います。

 

いったいどのような表現があるのか。

 

一緒に確認していきましょう!

 

再帰代名詞oneselfを用いた慣用表現まとめ

再帰代名詞oneselfを用いた慣用表現まとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • absorb oneself in O: Oに熱中する
  • adapt/adjust oneself to O: Oに順応する
  • address oneself to O: Oに話しかける
  • beside oneself (with O): (Oで)我を忘れて
  • between ourselves: ここだけの話だが
  • by oneself: 一人で、独力で
  • for oneself: 独力で(「自分のために」という意味を含む)
  • confine oneself to O: Oに制限する
  • help oneself to O: 自由にOを飲み食いする
  • in itself/themselves: それ自体
  • in spite of oneself: 思わず
  • keep O to oneself: Oを秘密にしておく
  • lose oneself in O: Oに夢中になる
  • of oneself: ひとりでに(通例モノに対して使用)

 

例文付きで詳しくチェックしていきましょう。

 

absorb oneself in O: Oに熱中する

「absorb oneself in O: Oに熱中する」です。

 

absorbには「吸収する、理解する」という意味があります。「自身を吸収する⇒熱中する」という発想ですね。

 

He absorbed himself in reading the book.

(彼はその本を読むのに夢中になっていた)

 

adapt/adjust oneself to O: Oに順応する

「adapt/adjust oneself to O: Oに順応する」です。

 

adapt/adjustには「順応させる」という意味があるのですね。

He soon adapted/adjusted himself to his new surroundings.

(彼はすぐに新しい環境に慣れた)

 

address oneself to O: Oに話しかける

「address oneself to O: Oに話しかける」です。

 

addressには「まっすぐ向ける」というイメージが伴います。たとえば「住所」という意味は、「郵便物等に住所をまっすぐまっすく並べて書く」というイメージで使われています。

 

「自身を誰かにまっすぐ向ける」ので「話しかける」という意味になるのですね。人に話しかけるときは、その人の方を向いて話しますよね。

 

 

なお、下の例文のように、話しかける相手を直接Oに取ることもあります。

He addressed himself to the students.

(彼は生徒たちに話しかけた)

 

He addressed the students.

(彼は生徒たちに話しかけた)

 

beside oneself (with O): (Oで)我を忘れて

「beside oneself (with O): (Oで)我を忘れて」です。

 

besideには「そばに」という意味があります。「自身のそばにいる=本来の自分を離れてしまう」という発想で、「我を忘れて」という意味になるのですね。強い感情で我を忘れる感じが伴います。

 

He was beside himself with joy/fear.

(彼は喜び/恐怖のあまり我を失った)

 

between ourselves: ここだけの話だが

「between ourselves: ここだけの話だが」です。

 

「私たちのあいだ=ここだけの話だよ」という発想ですね。

 

ourselvesの代わりにusやyou and meが使われることもあります。

Just between ourselves, Mary loves Tom.

Just between us, Mary loves Tom.

Just between you and me, Mary loves Tom.

(ここだけの話だけど、メアリはトムのことが好きなの)

 

by oneself/ for oneself: 独力で

「by oneself: 一人で、独力で」、「for oneself: 独力で」です。

 

forには、「~のために」という意味があるので、for oneselfでは「自分のために」という意味を含みます。

 

I did it by myself.

I did it for myself.

(私はそれを自分でやった)

 

confine oneself to O: Oに制限する

「confine oneself to O: Oに制限する」です。

 

confineには「制限する、監禁する」といった意味があります。

 

I will confine myself to a short comment.

(短いコメントだけにしておきましょう)

 

help oneself to O: 自由にOを飲み食いする

「help oneself to O: 自由にOを飲み食いする」です。

 

Please yourself to the cake.

(どうぞケーキをお取りください/遠慮せずケーキをお取りください)

 

in itself/themselves: それ自体

「in itself/themselves: それ自体」です。

 

単数か複数かでどちらを使うかが変わってきます。

Making money is not an end in itself.

(お金を稼ぐことはそれ自体が目的ではない)

 

These restrictions are a problem in themselves

(これらの制限はそれ自体問題ではない)

 

in spite of oneself: 思わず

「in spite of oneself: 思わず」です。

 

in spite ofには「~にも関わらず」という意味があります。つまり、「自身にも関わらず=つい思わず」というイメージですね。

 

She fell asleep in spite of herself.

(彼女は思わず寝てしまった)

 

keep O to oneself: Oを秘密にしておく

「keep O to oneself: Oを秘密にしておく」です。

 

「物事を自身に保っておく」イメージですね。

 

He always keeps his good ideas to himself.

(彼はいつも良いアイデアを秘密にしておく/自分だけのものにしておく)

 

lose oneself in O: Oに夢中になる

「lose oneself in O: Oに夢中になる」です。

 

「ある物事のうちに自身を失ってしまう」イメージですね。

 

He lost himself in the book.

(彼はその本に夢中だった)

 

of oneself: ひとりでに

「of oneself: ひとりでに」です。

 

ofには「分離」という意味があり、「自身から離れていく」というイメージです。

分離のofを強調したものがoffという単語です。面白いと思った方は、ぜひ【本質から理解!】前置詞ofのイメージとはをお読みくださいね。目からうろこのofの話が盛りだくさんです。

 

 

なお、この表現は通例モノに対して使います。

The vase moved of itself.

(花瓶がひとりでに動いた)

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを眺めてみましょう。ぐっと頭に入りやすくなっているはずです。

 

ポイント
  • absorb oneself in O: Oに熱中する
  • adapt/adjust oneself to O: Oに順応する
  • address oneself to O: Oに話しかける
  • beside oneself (with O): (Oで)我を忘れて
  • between ourselves: ここだけの話だが
  • by oneself: 一人で、独力で
  • for oneself: 独力で(「自分のために」という意味を含む)
  • confine oneself to O: Oに制限する
  • help oneself to O: 自由にOを飲み食いする
  • in itself/themselves: それ自体
  • in spite of oneself: 思わず
  • keep O to oneself: Oを秘密にしておく
  • lose oneself in O: Oに夢中になる
  • of oneself: ひとりでに(通例モノに対して使用)

 

 

今回の記事と関連して、【サクッと理解】「他動詞+再帰代名詞oneself」で自動詞的になるパターンまとめもあります。興味のある方はぜひお読みくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 英文法・語法 Vintage 3rd Edition
  4. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

英文法・語法 Vintage 3rd Editionは大学受験用の参考書ですが、単元別に重要表現が網羅的にまとめられているのでおススメです。語法もコンパクトにまとめられているので、手元にあると重宝します。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント