関係形容詞what, whichとは? 関係代名詞との違いを解説

英文法

 

こんにちは、今回解説するのは関係形容詞whatとwhichです。

 

関係形容詞?

関係代名詞と何が違うの?

 

そんな方でも大丈夫! 徹底的に噛みくだいてご説明します!

 

関係形容詞はwhatとwhichのみ!

関係形容詞の種類はwhatとwhichのみです。

 

そして、ちょっと乱暴な言い方をすると、関係代名詞と関係形容詞の機能はほぼ同じです。

 

関係代名詞≒関係形容詞ってコト?

 

ひとまず、ざっくりした理解はそれでOKです。関係形容詞の訳し方、関係代名詞との細かい違いは以下で説明します。

 

関係形容詞whatとは?

まずは関係形容詞whatから説明します。

 

what+名詞+SVで「SVする全ての名詞」と訳します。whatを「全ての」と訳すところがポイントです。

 

関係形容詞whatと関係代名詞whatの違い

関係形容詞whatと関係代名詞whatの違いを見てみましょう。

 

下にあるのは関係形容詞whatを使った例文です。

He gave her what money he had.

(彼は彼女に、彼が持つ全てのお金をあげた)

 

<what money he had>で大きなカタマリだと考えてください。このカタマリは名詞です。関係形容詞whatは、全体で大きな名詞のカタマリを作るのです。

 

「gave 人 モノ」で「人にモノをあげた」という訳になりますが、<what money he had>は名詞のカタマリなので、「モノ」の部分に該当します。

 

gave  her (人)  <what money he had (モノ)>

という構造ですね。

 

さらに詳しく、<what money he had>の中身を見ていきましょう。関係代名詞や関係形容詞は頭の方にくる、というルールのせいでwhatが頭に来ていますが、実はコレ、元はこんな語順を前提にしているんです。

he had what money. (彼は、全てのお金を持っていた)

 

what moneyで「全てのお金」です。「全ての→お金」というように、whatが名詞moneyを修飾しているのです。

 

 

名詞を修飾しているというコトは、whatの品詞は?

 

…そう、形容詞ですね。名詞を修飾しているから、whatの品詞は形容詞です。

 

だから関係形容詞と呼ぶんだね!

 

関係形容詞whatは<what money he had>という名詞のカタマリを導きますが、

<what money he had>のカタマリ内では形容詞として働いているんですね。

だから関係形容詞と呼ぶのです。

 

 

ここで、今度は関係代名詞の例文を見てください。

He gave her what he had.

(彼は彼女に、彼が持っていたものをあげた)

 

関係代名詞whatは「SVするモノ/コト」と訳します。前提となっている文は次の通り。

he had what. (彼が持っているもの)

 

関係代名詞whatが<what he had>という名詞のカタマリを作る点は、関係形容詞と同じです。

 

一方、<what he had>というカタマリの中で、関係代名詞whatは何も修飾していないんですね。「モノ」と訳して終わりです。カタマリの中で名詞として機能しているから、こちらの方は関係代名詞という名称になっているわけです。

 

関係代名詞whatは<what he had>という名詞のカタマリを導き、

<what he had>のカタマリ内でも名詞として働いているんです。

 

カタマリ内での役割の違いが、

関係「形容詞」、関係代「名詞」

という名称の違いになっているんだね!

 

関係形容詞と関係代名詞
  • <what~>で名詞のカタマリを作る点は同じ
  • カタマリ内で、関係形容詞は形容詞、関係代名詞は名詞として機能

 

関係形容詞whatのパターン(what little, what few)

関係形容詞whatでは「全ての」と訳しました。

 

ここでwhatの後ろにlittleやfewが付くと、「なけなしの(=少ない全ての)」という訳になります。不可算名詞が使用されていればlittle、可算名詞が使用されていればfewを使用します。ただ、訳自体はほとんど変わりません。

 

例文を見ていきましょう。

 

moneyが不可算名詞のため、littleが使われているパターンです。

He gave her what little money he had.

(彼は彼女に、なけなしのお金をあげた)

 

booksが可算名詞のため、fewが使われているパターンです。

He gave her what few books he had.

(彼は彼女に、なけなしのをあげた

= 直訳:彼は彼女に、彼が持っていたわずかだが全てのをあげた)

 

関係形容詞whichとは?

次は関係形容詞whichです。非制限用法として使用されるパターンのみ(カンマ付きのパターンのみ)なので要注意です。

 

<参考記事>非制限用法とは?

 

関係形容詞whichと関係代名詞whichの違い

関係形容詞whichと関係代名詞whichの違いをみてみましょう。基本的には、whatのときと同じです。

 

まずは関係形容詞whichの例文です。

The book was written in Germany, which language I didn’t know.

(その本はドイツ語で書かれていたが、わたしはこの言語を知らなかった)

 

後半部分の文は、下記の構造を前提にしています。

I didn’t know which language (=this name). (わたしはこの言語を知らなかった)

 

後半部分のカタマリ<which language I didn’t know>が先行詞Germanyを修飾していますが、カタマリ内では、whichが「この→言語」と形容詞的に働いていますね。そのため関係形容詞と呼ぶのです。

 

 

一方、関係代名詞の例文です。

I have three sons, who live in Tokyo.

(わたしには3人の息子がいるが、彼らは東京に住んでいる)

 

後半部分の文は次の構造を前提にしています。

who (=three sons) live in Tokyo. (3人の息子は東京に住んでいる)

 

後半部分のカタマリ<who live in Tokyo>が先行詞three sonsを修飾しています。また、カタマリ内で、whichは名詞的に働いています。そのため関係代名詞と呼ぶのです。

 

, 前置詞+whichのパターン

, which~のパターンだけではなく、

, 前置詞+which~のパターンもあります。

 

例文で確認してみましょう。

He may visit Kyoto, in which case he will meet her.

(彼は京都を訪れるかもしれないが、その場合彼は彼女に会うだろう)

 

, 前置詞 which~のカタマリが先行詞を修飾する点、

カタマリ内でwhichが形容詞的(in which case = in this case)と働いている点は同じですね。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に関係形容詞の用法をまとめ、今回の記事を締めたいと思います。

 

関係形容詞まとめ

<関係形容詞what>

  • what+名詞+SVで「SVする全ての名詞」という訳が基本
  • whatの直後にlittle (不可算名詞のとき)、few (可算名詞のとき) を置き、「なけなしの」という意味になることがある
  • what~のカタマリ内で、whatは形容詞的に働く

 

<関係形容詞which>

  • which~のカタマリが先行詞を修飾するように訳す
  • 非制限用法での用法のみ。”, which~”と”, 前置詞+which~”のパターンに限られる
  • which~のカタマリ内で、whichは形容詞的に働く

 

 

以上です。今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法 関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 関係代名詞と関係形容詞の違い […]

  2. […] 関係代名詞と関係形容詞の違い […]

  3. […] 関係代名詞と関係形容詞の違い […]

  4. […] 関係形容詞(関係形容詞what, whichとは? 関係代名詞との違いを解説) […]